これからの時代は、自分で稼げる力をつけることが確実に自分を助ける

2018年10月18日

Cassiniです。

ブログのデザインを変えてみましたが、どうも他のブラウザでうまく反映できていないようだったので元のデザインに戻しました^^;

 

さて、私は昨日Youtubeで日本の雇用環境についてのドキュメンタリーを見ていたのです。

https://www.youtube.com/watch?v=ZG7DB8Ecy_8&t=1042s

例えば、新入社員の自殺で明らかになった電通のブラック企業ぶりについてのドキュメンタリーとか、

 

正規社員と非正規社員間の賃金格差についてとか。

 

私は働き方の問題は結構重要だと思っています。人生の大半を仕事をして暮らすことになるわけなので、自分にとって居心地のいい働き方を選ぶことは、なによりも大切にすべきだと思っているからです。

 

このビデオを見ていて思ったのが、「労働者が頑張りすぎて、それでなんとかなっちゃってるから会社の社長なんかはもっと頑張れるだろうってことでさらに労働者を締め上げるんだろうな」でした。

 

会社に人生を握られてしまっている日本人

 

「今は辛いけど、続けていればきっと誰かが評価してくれる、報われる」と日本人特有のメンタリティで頑張ってしまいます。まぁ、それは間違いとは言い切れません。たまには誰か優しい言葉かけてくれますけど。それでまた頑張れちゃうんですね日本人って。

 

でもそんなこと誰が約束したでしょうか?

 

私から言わせれば、それは生活の糧を会社から握られてしまっていると同じことです。

 

むしろ私が上で紹介したビデオに出ていた労働者に対して思ったのが、「会社にぶら下がってもらうことだけ考えていて、自分で稼ぐ努力も工夫もしていない」です。

 

日本人はよくも悪くも勤勉です。小さい頃から責任感を持つこと、途中で逃げないことを刷り込まれるために、大人になって辛い状況に陥っても「辛い」の一言が言い出せずにその場で我慢してしまう人が多い。搾取としか言いようがないですね。こうなってしまうと企業から駒としてただ使われるだけです。企業側からすれば、こういうタイプは洗脳しやすい。

ここで何よりも悪いのが、搾取される側が現状維持で生活を成り立たせてしまっているところ。

 

「会社に勤めているし、ちゃんと税金も払っているし、とりあえずは社会人としての勤めは果たしてる。辛いけど、このままの生活でなんとかやっていくしかない」と思っている人が多いのではないかと思います。

 

でもそれって本当にやっていけなくなったときに、逃げ道への退路を自分で塞いでしまっているんじゃないか?と私は思うわけです。

 

もし突然リストラされたら、どうやって生きていくのでしょうか?

 

会社員でもいつでも逃れる選択肢を持っていた方がいい

 

会社員であれば部署異動や国内転勤、グローバル企業なら海外転勤といった異動がつきものです。

 

私は転勤は全くなかったですが、あれって会社の決定事項だから行かざるを得ないようにアレンジされるんですよね。本人から一応ヒアリングは行われるけど、結局行きたくもないところに行かされた人を知っています。

 

家族を持っている人ならなおさら転勤なんかしたくないでしょう。

 

こうなると、いつでも会社辞めれるように準備をしておくことは重要なのではと思います。

 

副業を始めることは今の時代簡単にできる

 

今はパソコンがあれば仕事の受注ができるクラウドソーシングが徐々に浸透してきていますが、まだ知らない人も多いです。私の知り合い2人に教えたのですが、そんな仕組みがあることすら知りませんでした。

 

以下は、私が利用している「ランサーズ」というクラウドソーシングサービス。

クラウドソーシング「ランサーズ」

 

その他にはクラウドワークスというランサーズに似たプラットフォームがあります。今の所この二つの柱で生活しています。今後は直接契約を取っていきたいのでこの2つで収入に頼るつもりはありません。

でもフリーランスの働き方ができなくなって会社員に戻るとしても、何かあった時のために自分の力で稼ぐことができるという「保険」のような役割にもなると思っています。これは自信にもつながります。

 

フリーランスで失敗しても死にはしない。フリーランスになりたいなら今からでもなれる

 

 

副業で言えばまだあります。株・FX、投資信託、アフィリエイト、ブログ。これらは勉強すればいつでも始められます。ブログで言えば、私はこのブログにGoogle Adsenseを使っています。

 

 

未知のものを始めるときって確かに怖いけど、やってみれば本当に大したことない。むしろやる前にぐだぐだ考えている方が恐怖感を助長させている気がします。案外始めてみれば楽しかったりします。

 

副業は会社の規定でできないところが多いですが、はっきり言って税金さえ自分で納めてしまえば副業しても全く問題ないんです。会社の収入は会社で年末調整してもらって、副業の分は確定申告して個人納付にするやり方があります。今はネットでこのような情報も簡単に調べられます。

(以下参考)

元税務職員が解説する副業が会社にバレないための確定申告

 

なぜ会社ごときが個人の収入獲得の自由を制限してるんだと私は思ってます。法律違反ではないので、私は副業どんどんすればいいと思います。

バレたらクビになる可能性もありますが、嫌いな会社でいつか辞めようと思っている方は恐れずにやってしまえばいいと思います。

 

会社に身をあずけて思考停止になっていざリストラになってパニクるより、自分で考えて稼げるアイデアを具現化していくほうが、より将来を考えていると私は思います。

スポンサーリンク