【2017年度版】英会話が上達するのはどれ?オンライン英会話10社比較

 

英語をペラペラ話したいけれど、どうやったら話せるようになるのか悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

 

最近ではWeb上でオンライン英会話レッスンを気軽に、かつ安価で受講することができます。

 

オンライン英会話スクールのメリットは以下が挙げられます。

・教室に時間をかけて行かなくていい

・自分の好きな時間に受講できる

・それほど料金は高額ではない

・テキストを購入する必要がない

 

数多くの英会話スクールがありますが、選択肢の多さゆえに「どのスクールが一番自分に合っているんだろう?」と思う人もいるでしょう。

 

今回英会話スクール10社の中で比較を行ってみました。「日常生活・旅行」と「ビジネス」の2つの項目に分け、さらに「コスパ」「講師の質の良さ」を5段階で評価しました。私の英会話のレベルとしては、日常英会話に問題がないレベルです。

 

今回試したオンライン英会話のラインナップはこちら。

DMM英会話/レアジョブ/hanaso/産経ONLINE英会話/Best Teacher/QQ English/ECCオンライン英会話/Bizmates/Langrich/VIPABC

オンライン英会話スクールを検討中の方の参考になればと思います。

 

ではさっそくオンライン英会話スクールの比較をご紹介したいと思います。

 

日常会話・旅行に適しているオンライン英会話スクール

 

第1位:DMM英会話

コスパ ★★★★★

講師の質の良さ★★★★★

DMM英会話はよく広告が出ているのでご存知の方も多いかもしれません。

 

DMM英会話は私も一時期受講しており、その決め手となったのは講師の質が良い割りにコスパがいいこです。

プランはスタンダード・プラスネイティブの2通りがあります。

 

・スタンダードプラン 1日25分で月額5,500円(税込)

・プラスネイティブプラン 1日25分で月額15,800円(税込)

 

スタンダードプランでは87カ国の非ネイティブ講師と毎日レッスンを受けることができます。1レッスンあたり177円という破格の料金です。1日のコマ数を増やしたいのであれば50分、75分コースもあります。

プラスネイティブプランではスタンダードプランの条件にプラスしてネイティブ講師の選択ができますが、やや割高になります。ネイティブのような発音を目指している方はこちらのコースが良いでしょう。

 

 

第2位:レアジョブ

コスパ ★★★★⭐︎

講師の質の良さ★★★★⭐︎

レアジョブもDMM英会話と同じくらい有名なオンライン英会話スクールですね。私はこちらも受講していたことがあります。

 

DMMと同じく料金が低い割に講師の質も良いと思います。講師は全てフィリピンの方で、発音もかなり聞き取りやすいと思います。

 

講師がフィリピン出身の方ばかりなので、さまざまな英語に慣れるという意味ではネックになると思います。しかし講師の質も良いですし、料金もそれほど高くないので、初めてオンライン英会話スクールを受講するという方におすすめです。

 

3つのコースがあり、料金は以下のとおりです。※すべて税込価格です。

・日常英会話コース   (毎日25分1回)6,264円

            (25分 x 月8回)4,536円 

・ビジネス英会話コース (毎日25分1回)10,584円

・中学・高校生コース  (毎日25分1回)10,584円

 

各プランにはプラスして日本人カウンセラーによるサポートが受けられる安心パックもあります。

レアジョブは初月割引のキャンペーンをひんぱんに行っているので、気になる方はその期間を狙って申し込んでみるものよいでしょう。

 

 

第3位:ECCオンライン英会話

コスパ ★★★⭐︎⭐︎

講師の質の良さ★★★★★

 

ECCオンライン英会話も先生の質が良かったです。

しかしコスパの面で言うと、上記のDMM英会話やレアジョブより少し高いので評価としては★3つとしました。

 

プランは4パターンあります。※すべて税込価格です。

・2段階定額プラン* 月額972円〜7,992円

・1日1回25分プラン 月額7,452円

・1日2回50分プラン 月額11,785円

・1日4回75分プラン 月額17,582円

*2段階定額プランで料金の幅があるのは、受講回数によって金額が異なるからです。

月2回以下の受講であれば900円で、1回のレッスンを追加毎に+500円かかります。15回以上であれば、(1日1回がレッスン上限で)7,400円の定額というしくみのようです。

 

ECCオンライン英会話公式ホームページ

 

第4位:Langrich

※4位以下のオンラインスクールは「普通〜普通以下」の評価です。

コスパ ★★★★⭐︎

講師の質の良さ★★★⭐︎⭐︎

 

講師の質としては普通です。私が選んだ先生はかなり落ち着いた感じの方だったので、話していて楽しいかと言われれば「話しづらい」でした。

 

かといって教え方に問題があるわけではなく、普通に授業を受けることができます。可もなく不可もなくといった感じです。英会話が伸びるかといったら、英語を抵抗なく話すことができるくらいのレベルにはなると思います。初心者でも日常会話レベルには上達することができるでしょう。

 

価格は税込です。

・リッチプラン(1日25分) 月額6,000円

・Wリッチプラン(1日50分) 月額10,000円

・ラングリッチ動画ドリルプラン 年額21,600円

 

動画ドリルプランは自主学習をメインとしており、動画を見て自分で学習するスタイルです。ビデオレッスン10本ごとのマンツーマンレッスン(1回25分)も付くようですが、英会話が伸びるかは不明です。

 

 

第5位:QQ English

コスパ ★★★★⭐︎

講師の質の良さ★★★⭐︎⭐︎

 

QQ Englishは講師の方がとてもフレンドリーな方で、肩肘張らずに楽しく会話できました。友達と話してる感覚。

 

話の振り方が上手い方で、英語の発音も聞き取りやすかったです。コスパは毎日1コマのプランだとレアジョブとそれほど料金は変わらないですね。

 

先生と話すのは特に問題なかったですが、英会話が上達しそうかという点では日常会話程度なら伸びるだろうなという感じです。こちらも可もなく不可もなくといったところです。

 

月会費プラン(月4回〜8回)3,980円(税込)

毎日プラン(1日25分)6,242円(税込)

 

QQ English公式ホームページ

 

第6位:産経ONLINE

コスパ ★★★★⭐︎

講師の質の良さ★★⭐︎⭐︎⭐︎

 

先生のテンションが高すぎてついていけませんでした。

フィリピンの方で英語には問題がなかったのですが、当日こちらが指定したテキストが見つからず探している間少しイラついているように見えました。笑顔も大げさなしぐさもビジネス臭がして話していて疲れるタイプでした。先生が合わなかっただけかもしれませんが。

 

やたらと褒めてくれるので、英会話に自信がなくほとんど話せない方だったら褒められて伸びるかも?

プランは3つあります。すべて税込です。

10社の中では毎日25分受講できるプランではDMM英会話に次いで1コマあたりの月額利用料金が低いのでコスパは★4としました。

・毎日25分プラン 月額5,980円

・毎日50分プラン 月額9,800円

・週末50分プラン 月額5,980円

 

第7位:hanaso

コスパ ★★★⭐︎⭐︎

講師の質の良さ★⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

 

先生は授業に慣れていない感じがしました。

 

先生自身の自己紹介が長く、「あなたの自己紹介が聞きたいわけではないのですが…」と思いました。またSkypeを接続した際、「バックグラウンドで音楽が鳴ってる」と言われ、私が何か音楽をかけていたのか?と焦りましたが先生の方で音楽をかけていたのに自分で気づいてないだけでした。そのせいで最初混乱してしまったので「おっちょこちょいか?」と思いました。

 

英語が全く話せない方で、もしこのような先生にあたってしまったらもっと混乱していたのではと思います。

 

レッスン内容はテキスト教材やフリートークも選択できますが、私はWebニュースを選択しましたが、普通のネイティブの方が読むようなニュース(CNN)でした。難しい単語が多く、読むだけで結構時間が取られるので、オンラインでやる意味があまりありませんでした。

 

回数プラン・毎日プラン・週2日プランの3つから選べます。すべて税込価格です。

・回数プラン(8回・12回・16回) 4,320円〜

・毎日プラン(25分・50分) 6,264円〜

・週2日プラン(25分・50分)4,104円〜

 

コスパは普通だと思います。今はすべてのコースで初月のみ半額なので、サクッと1ヶ月だけ利用してみるのも良いかもしれません。

 

第8位:Best Teacher

コスパ ★★⭐︎⭐︎⭐︎

講師の質の良さ★⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

 

この英会話スクールは他のスクールとシステムが違っていて、レッスンを予約する前に以下の作業を完了させる必要があります。

 

①話したいテーマについて自由に英作文をする→先生が英作文を添削し、自分の書いた英作文に対する返信を書く。これを1セットとして5回繰り返す

②自分と先生の書いた英作文を自動音声で再生し、自分で発音の練習をする

 

英作文を書かなくてはいけないという点でそもそも初心者にはハードルが高いと思うので、初心者向けではない気がします。しかも、これを5回繰り返すのは面倒だし、先生からの返信がすぐに来るわけではありません。

 

予約の前にこの作業をしなければいけないので、「レッスンまでにたどり着かない人がいるのでは?」と思いました。また、実際英語を使う場面では瞬発力が大切なので、いちいち英作文をしている暇はありません。この点で私には効果がないように思えました。

 

先生はアフリカ出身の方で、独特のアクセントがありました。いろんな英語に慣れるという意味では良いと思いますが、英会話レッスンの先生なのに相当どもっていたのが気になりました。それが原因で英語が聞き取れないことも。気持ちが先走っていろいろと伝えたいことがあったのかもしれないけど、ちょっと落ち着いて欲しかったですね。

 

料金プランは上記のようなWriting + 会話のプランと各種英語に関する検定プラン、英検プランがあります。すべて税込です。

・通常コース 月額9,800円

・TOEFL iBT対策コース/IELTS対策コース/TOEIC SW対策コース/TEAP対策コース/GTEC CBT対策コース 月額16,200円

・英検3級〜1級コース 月額15,120円

いきなり英会話はハードルが高すぎるから準備をしておきたい、まずは形から入りたいという人にはいいのかもしれません。

 

 

ビジネスに適しているオンライン英会話スクール

第1位:Bizmates(ビズメイツ)

コスパ ★★★★⭐︎

講師の質の良さ★★★★★

Bizmatesはビジネスで英語を使う人向けのスクールです。

受講する方は経営者やビジネスマンが多いそうです。仕事で使う英会話や英語での交渉など、実践的な英語を学ぶことができます。

 

Bizmatesは本気でビジネス英会話を学びたい方向けです。日常会話はある程度話せる方(シンプルな文法で会話ができるレスポンスの早い方)で、ビジネス英会話にステップアップしたい方におすすめ。

 

私がレッスンを受けた講師の方は非常に教え方が上手で、的確な指示を出してくれます。個人的に受講したいと思った英会話スクールです。

 

料金は2つのプランがあります。

特別プランで75分、100分のプランもあります。

・毎日25分プラン 月額12,000円

・毎日50分プラン 月額15,000円

 


ビジネス英会話で伸びそうと思ったのはBizmateだけでした。

 

全力でおすすめしない英会話スクール

VIPABC

コスパ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

講師の質の良さ★⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

 

英会話スクールの無料レッスンは概ねどこも同じで、25分間に体験レッスンが行われるのですが、体験した中で一番おすすめできないと思ったのがVIPABCというスクール

 

先生の質は普通です。良くも悪くもありません。

 

どれくらいの期間、またどれくらいの頻度でレッスンを取りたいかにもよりますが、料金としてはこのように記載されています。

・楽々レッスンコース ¥18,225 (税込)/毎月8レッスン

・取り放題コース ¥47,250 (税込)/毎月レッスン上限なし

・毎日1レッスンコース ¥22,680 (税込)/毎日1レッスン

 

3つのコースから選ぶことになりますが、他の英会話スクールと比べると料金が高くコスパは悪いです。

 

またVIPABC独自の通信環境で授業を進めていきますが、よく音声が切れるのでSkypeの方がいいのでは?と思いました。システム環境は悪いです。

 

またガチガチに教材を使って授業を進めていくみたいなので、実践的な英会話は身につかないと感じました。

 

●その他の不満点

 

会員登録をするためには日本の携帯電話を登録することが必須で、私は日本の携帯を解約しているので番号がありませんでした。会員登録ができなかったのでメールで問い合わせましたが、名前やメールアドレスといった基本的な情報の他に利用しているデバイスやOSなんかについても細かく聞かれました。返信も遅く、「それ聞く必要ある?」ということをダラダラ聞かれたためこの時点でストレスを感じました。

 

当日はレッスン前にセールス担当の人から説明があります。体験の流れの説明だったらわかるのですが、意味のない世間話を延々されました。20分くらいは話していたと思います。

 

肝心のレッスンは15分程度で、教材に沿って先生がこちらに質問をして12段階のレベル分けの評価を受けます。

 

その後またセールス担当の人からダラダラとセールストークを聞かされます。開始から1時間半経ちましたが、トータルすると1時間以上はこのセールストークに付き合わされました。リンクを送ってそれを見るように促せばいいだけなのに、口頭で説明することの意味が理解できませんでした。セールストークでカバーしなければいけないほど、教材に自信がないのかと感じました。

 

このようにユーザーの事情を度外視している時点で、ユーザー目線に立った一番重要な英会話の上達は望めないだろうと思います。おすすめしないですが一応リンクをつけておきます。

 

VIPABC公式ホームページ

 

以上、オンライン英会話スクール10社の比較でした。

参考になれば幸いです!

スポンサーリンク