ヨーロッパを格安で回りたいならFlixBusがオススメ!

2018年3月3日

こんにちは、来週は小旅行へ出かけるのでそわそわしているCassiniです。

行き先はチェコ・プラハです。プラハといえば学生時代に「プラハの春」を読んだことがあるくらいですね。

とても綺麗な町と聞いてるのでテンションが上がります…!

ところで私が旅行に使っているのはGoEuroという旅行検索サイトです。

http://www.goeuro.com

GoEuroは出発地と到着地を指定することによって、バス・電車・飛行機でどれくらいの時間/価格がかかるのかを一目で確認できる便利なサービスです。

 

そしてFlixbusはヨーロッパに住んでいるなら使わない手はないというほど便利なバス会社。比較的近い都市であればバスで7ユーロ前後で行けます。

 

今回もベルリンからプラハ、帰りにドレスデンへ寄って帰るというプランを立てています。ベルリン→プラハ間は19ユーロ(2300円くらい)。4時間半で着いてしまいます。

 

Flixbusは黄緑のバスですごく目立ちます。ドイツ・ミュンヘンに本社があるバス会社で、設立して3年程度のスタートアップ企業です。2017年3月現在、公式HPでは20カ国1000都市間を結んでいると掲載されています。

https://www.flixbus.de

予約画面。様々な言語を選択できるところも素晴らしい(日本語はなし)

 

FlixBusのいいところ①バスの中で無料Wi-Fiが使える

 

私がいつも利用する理由として、無料Wi-fiがついていることが大きいです。Wi-fiがついていれば移動中も仕事ができたりネットサーフィンができて暇つぶしになるのでとても重宝しています。

 

電源については、充電できるバスとできないバスがあります。Flixbusは内装がボロいバスがあって、「設立3年程度でこれほどボロくならないだろう…」という感じなので、おそらく中古のバスを購入して外装だけ仕上げてるのだと思います。なので古い感じのバスには充電コンセントはおろかUSBを差すところもありません。

 

こればっかりは運なので、長時間スマホをいじる人はポータブル充電器を持ってきていたほうがいいでしょう。

 

FlixBusのいいところ②QRコードを見せるだけで確認完了

 

予約をするとメールアドレスにQRコードが送られてくるので、これを当日に乗務員に見せます。読み取り機械でピッとしてもらうだけで確認完了。私はいつもスマホの画面をスクショして見せています。

 

FlixBusのいいところ③預ける荷物が2個まで無料,手荷物も1個までOK

規定のサイズ内であればトランクやバックパックなどの荷物を2つまで預けることができるので、これもありがたいです。トランクに荷物を入れてから乗り込みます

Carry 1 hand luggage (7 kg) and 1 luggage (20 kg) for free. Need more? Add extra luggage here from 2.00 €.

※最近になって荷物に関して変更があったようで、車内に持ち込みの荷物は1個(〜7kg)、預け荷物は1個まで(~20kg)であれば無料です。追加の荷物ごとに2ユーロ追加されるようです。

 

FlixBusのデメリット

以上3つのいい点を挙げましたが、先日ちょっと「これはどうなの…」って事例がありました。

 

FlixBusはいつも満員に近いくらいの人気で、1日に何本も運行している路線があります。

 

先日アムステルダムに行った際、FlixBusを予約したのにいつもの黄緑色のバスではありませんでした。行き先のプラカードを確認してアムステルダム行きだと確認しました。

 

乗り込む時に「予約した紙を見せて。紙以外は乗れないからね」と乗務員が言い放ちました。

 

そんなこと今まで一度も言われたことがないので「何言ってるのこの人?」という感じでした。その日は私の同行者が運良く印刷していたので問題なかったのですが、私だけだったら乗れていなかったということでしょう。

 

もしプリントアウトした予約確認書が必要と言われた場合、近くにSpätkauf(シュペートカウフ)という日本でいうコンビニがあれば印刷する方法もありますが、おそらくそんな時間はないので運転手と交渉したほうが良いでしょう。

 

というかFlixbusの公式サイトに「印刷した予約確認書もしくはデバイス上でQRコードを見せること」と書いてあるので、この時の運転手の対応はありえませんでしたね。ほかの乗客からも「なんだこいつ…」と言いたげな不穏な空気を感じました。

 

その運転手はさらに驚愕の発言をします。

「トイレはあるけど俺はトイレ掃除をしたくない。俺がこのバスの運転手だからどうしても緊急事態って時にだけ俺の了承をもらってからトイレに行くこと。」と言いました。トイレはロックされていて、その運転手から鍵をもらわないと自由にトイレに行けないという理不尽さ!

 

私はトイレが近いのでけっこう死活問題なのです。結局1度も行かずに済みましたが。。壊れているならまだしも(ブリュッセル行きではトイレが壊れていたので焦りましたが、トイレ休憩があった)、これはあんまりです。

 

おそらくこの運転手はFlixBusではなくて別のバス会社の運転手が外注されているのだと思います。こんなこと言ったら即苦情はいりますもんね。

 

とはいえ、これは運なのでそれを差し引いても便利でお得であることには変わりはないです。

もしヨーロッパ旅行で突然スケジュールに空きが出てしまった、なんて人がいたらサクッと近い都市に言ってみてはいかがでしょうか?

 

おまけ:スケジュール変更に伴うキャンセルの手順

 

「旅行日時に変更があったので元の予約を取り消して別の便にしたい」という場合、全額返金はまずありません。

 

私も旅行日程に変更が生じたときがあったので、一旦キャンセル処理をしました。全額払い戻しではなく、バウチャー(割引券)をもらうことができます

 

予約した時の価格のバウチャーが払い戻されるわけではなく、キャンセル手数料を引かれた割引券がもらえます。まぁ戻ってきただけ良いですね。その後すぐにバウチャーを使って予約し直しました。

 

詳しくはこちらに説明されています。

https://shop.flixbus.co.uk/rebooking/login?_ga=2.174187370.932298031.1519844198-912334675.1519844198

 

スポンサーリンク