海外移住には最低限何を持っていけばいい?あると便利なものは?

2017年10月25日

Cassini(@cassini0720)です。

ドイツに暮らして1年と少し経ちますが、渡独前に悩んだのが「何を持っていけばいいのか?」についてです。

短期ならともかく、初めて海外に長期で滞在となると何があればいいのか全くわかりません。ドイツに限らず、他のエリアに移住する人にとっても海外への長期滞在に何を持っていけばよいのかわからないと思います。

 

 

結論からいえば、『現地調達できるものは持っていかなくてよい』です。

 

特に移住してから家を見て回るというのであれば、その間に短期滞在できる部屋を転々とすることになるのでスーツケース1個にすべてのものが詰められるように荷物を減らすほうが絶対に良いです。

 

お気に入りの服やらは持っていきたいでしょうが、一番いらないのが服

服って究極的には着られればなんでも良いですからね。少なくても洗えばいいし、現地でも服は買えます。※ジャングルに移住する際は別。

移住する際は荷物が多くなってしまうからこそ、衣類は徹底的に減らすべきです。3~4日分あればいいかと。

 

事実私はたくさん持ってきてしまったため、移動のことを考え現地で大量に捨てました。そのとき使わないものをしんどい思いして運ぶのが馬鹿らしくなったからです。ただし寒い地域に移住するのであれば防寒効果の高いコートかダウン1着は持っていくとよいです(コートは現地で買うと高い場合があるので)。

 

日本から持って来てよかったもの→食品・化粧品・薬・Kindle・アダプタ・変圧器

 

私が持ってきてよかったなと思ったのは日本の食品、化粧品、また自分に合った薬、Kindle、アダプタ、変圧器の6つです。

食品でいうと、これらのものがすごく役立ちました。

食品

・インスタントラーメン

・うどんやそば、粉末のだし、インスタントの味噌汁など

・パスタのシーズニング

 

現地の食事に飽きてしまったとき、またごはんを作るのが面倒なときはこういった乾物があるとかなり便利です。うどんやそばは現地でも買えるところもありますが、値段が高いです。

醤油や米、海苔などは現地でも買えるので特に持っていかなくても良いと思います。基本的な調味料はだいたいスーパーのアジア食材コーナーに置いてあります。ただ味噌やみりん、料理酒はあんまりないかも…。

長期保存ができる点で、粉末のものや乾物は重宝するのである程度買っていくとよいと思います。

 

パスタのシーズニングは海外でも売ってたりしますが、たらこみたいなものはない(ほとんどがトマトかバジルペースト。しかも加熱して温めないといけないので面倒)ので、日本で売られている和えるだけのシーズニングを持って行ったほうが便利です。

 

化粧品(最低限)

化粧品は現地でも買えますが、肌に合わなかったりするので使い慣れたものをストックしておくほうがいいです。私の場合はベースメイクは日本のものを使っています。

 

しっかり化粧するとき

 

手抜きのときはこれを塗るのみ

 

↓Addictionのファンデーションを使ったレビューも書いてます。

超ズボラな私がADDICTIONの美容液入り・下地要らずファンデーションを試した感想

 

使い慣れている薬

薬は海外のものだと効きが弱かったり、逆に強すぎたりするものもあるので余分に持って行ったほうが良いと思います。現地で売られているものは現地の人用に作られているので、体格が大きい西洋人と同じ薬を使うと日本人には効きすぎてしまうことがあるからです。

 

副作用も怖いので使い慣れたものを持っていくと安心です。頭痛薬、風邪薬、胃腸薬、かゆみ止めといったベーシックなものは最低限用意しておくとよいでしょう。

 

持病がある人は薬をまとめて欲しいと思います。現地でも同じ成分の薬が見つかるかわからないため、かかりつけの医師に多めにもらえないか相談してみましょう。

 

Kindle

 

一時帰国した際にあったら便利だと思って買ったのはKindleです

これは一番持ってきてよかったもの。海外では日本の書籍が手に入りづらく、また売られていても日本で買う価格より2~3倍することは当たり前なので、ダウンロードで本を読めるKindleを買って正解でした。

また、本をたくさん読みたい人にとって月額980円で対象の本が読み放題のKindle Unlimitedは感激ものです。

 

↓Kindleについても記事を書いてます。

海外在住者にKindleをお勧めしたい5つの理由

 

アダプタ・変圧器

電化製品では以下のものを必ずセットで持っていきましょう。

 

・全世界対応アダプタ

・変圧器

アダプタは現地でも買えますが、日本で買うほうが安いと思います。アダプタも該当地域の形状のものだけ買えばいいと考えるかもしれませんが、旅行先で形状が違うコンセントの時に別のアダプタが必要になったりするので、最初から全世界対応のものをひとつ持っていけば楽です。

 

変圧器は日本の家電を使う際に必要なときがあるので念のため。

 

 

 

余裕があれば持っていきたいもの

 

もしスペースに余裕があるなら買ったほうがいいもの。

 

● 炊飯器 or IH/ガス対応のこびりつき防止加工済みの鍋

 

米を鍋で炊く際、コーティング加工された鍋ではないと必ず鍋の底にご飯粒がこびりついてしまいます(しかも取りづらいので捨てる羽目に…毎回となるとかなり面倒くさいです)。

私は一時帰国した際にIH/ガスで使えるこびりつき防止加工済みの小さい鍋を買って、こちらでお米を炊いています。これがあれば鍋もできるので便利です。

 

この鍋の6号(一人サイズ)を使っています↓

 

これも使いやすそう↓

 

鍋で炊く場合火加減の調節や時間を見ておかなければいけないので、そういうのが嫌な人は小さい炊飯器を持っていくとよいと思います。

 

↓こちらは少量でも炊ける炊飯器

 

ご飯がなくても平気な人は持っていかなくてもよいですが。

 

最低限持っていくものはこんなところかと思います。

人によって生活スタイルや好みも違うので、いろんな意見はあるとは思いますが、私が海外に住んでから必要なものはこんなところかと思います。

 

細かいところを挙げるとキリがないですが、生活がある程度落ち着いてからモノは増やしていけばよいですしね。海外からでも日本のものを国際配送できるので、無理して全部持っていかなくてもよいと思います。

 

なるべくドイツに限らず世界各地に移住する方向けに書いたつもりですが、少しでもお役に立ったのであれば幸いです⭐︎

スポンサーリンク