海外在住者にKindleをお勧めしたい5つの理由

2017年10月25日

こんにちは。

これからしばらく移動の連続なのですが、移動中は読書やパソコンで作業をすることにあてています。

4月に日本に帰ってきてからKindleをようやく購入したのですが、3週間くらい使ってみてその良さが改めてわかったのでその感想を書きたいと思います。

私が買ったKindle: ベーシックなKindle

 

 

私が買ったのは白黒表示のKindleです。カラー表示はできません。

私はシンプルに新書やビジネス書を読む目的でKindleを買おうと思っていたので、別に性能の良さはそれほど重要ではありませんでした。現在Amazon内で販売されているKindleの中で一番値段が安く、使い方もシンプル。色は白か黒から選べます。本の余白みたいに見えるかなと思って私は白を選びましたが、この予測は的中して、普通に紙の本を読んでいるのとほとんど変わりません。

Kindleの良い点

①重い本を持ち運ばなくて良い

Kindleを持って最初に感動したのがこれにつきます。

今まで紙の本を持ち歩いていたのですが、分厚いもの&ハードカバーのものになるとそれだけでバッグのほとんどを占領してしまいますし、何より重くて持ち運びが大変。

Kindleだと自分が読みたい本を本棚に放り込んでおけば読みたい時に読むことができますし、読むだけだったらWi-fi環境も必要ありません。数千冊のストレージが可能とあるので、よっぽどのことがない限りいっぱいでもうダウンロードできないなんてことはないと思います。

 

②太陽光の下でも普通に読める

私が気になっていたのが外で読書する時に読みづらくなってしまうのではないか?という点。

スマホを外で操作すると太陽光の下では見えづらくなりますよね。Kindleもそういうのがあったら嫌だなと思って試してみたのですが、なんのことはありませんでした。画面のプラスチックが光に反射して少し光るくらいで、普通に紙とほぼ同じくらいで読み進めることができます。

③バッテリーが長持ちする

Kindleはフルにバッテリーをチャージした場合数週間表示することが可能です。今のところ2回くらいしか充電していませんが、驚くほどバッテリーが長持ちします。しかも2回とも時間がなくてフルに充電していませんが、それでも電池の減りが遅いので気にせずに使えるところがいいです。

 

④メールやチャットなどに気を紛らわされることがない

タブレットにすればメールやチャットもできるからいいんじゃない?と思うかもしれませんが、タブレットだと本を読みたいと思っても度々メールやチャットに気を紛らわされて読書に集中できないだろうなと思いました。

私は集中力がとぎれやすいので、タブレットだったらおそらく本を数ページ読んだ後メールやチャットをチェックしてしまうだろうと思ったので、そういうのがないKindleを選んで大正解でした。Kindleを買ってからすでに5冊以上は本を読めました。

 

⑤Kindle Unlimitedなら月額980円で読み放題

KindleではKindle Unlimitedというサービスがあり、月額980円で読み放題。※ただしKindle Unlimited対象の本しかダウンロードできないので注意です。

月に10冊までという制限があるみたいですが、利用中の本を削除していけばダウンロードし放題です。

もし自分が勉強してみたい分野や興味のある分野があるときにはまとめて一気にダウンロードできます。980円だったらだいたい紙の本1冊分くらいですので、それが読み放題なんてかなり嬉しいですよね。

しかも海外住みだと日本の本を売ってあること自体珍しく、あっても日本価格の2~3倍とかザラなので、これから海外へ渡航する方でたくさん読書をする方に推しまくりたいです。

 

最近買い物にめっきり興味がなくなったのですが、Kindleは今年買った物のなかでナンバーワン!

読みたくても読めなかった本を読みまくりたいと思います^^

 

スポンサーリンク