ドイツから帰国後何をしているのか?私の近況

こんにちは。cassiniです。

 

日本に完全に帰国してから3ヶ月以上が経ちました。

 

「ドイツから帰国して一体この人何をしているんだろう?」という感じですが、フリーライターを続けています。

 

以前こんなブログを書きました。

フリーランスを続けるために、フリーランスを辞める

そう、フリーランスをやめるためにフリーランスを一旦やめるのでは?と(私のブログを読み続けている方がいるかどうかわかりませんが)思っているかもしれません。

 

フリーランスは辞める方向で動いていて、いまは会社を探しているところです。

 

しかし、完全帰国に関して私がした最大のミスは「居住先の選択を誤った」ことです。

 

私が帰国後に生活する拠点として選んだのは地方都市。大学時代からずっと住んでいたので住み心地が良いところが気に入っていたのですが、私が希望するWeb関連の仕事が非常に限られているのです(いくつか応募しましたが全てダメでした)。

 

もしそういう仕事がしたいのであれば、隣の大きな都市の方が絶対的に良いことに気づきました。通おうと思えば通えなくもないのですが、片道1時間半の大移動になってしまうので、長時間の通勤が苦痛な私には無理と判断。

 

住み心地重視で選んでしまったため自分のアホさ加減にうんざりしたのですが、

 

「今年1年間は馴染みの場所でのんびり暮らしてその間に勉強すればいっか!」

 

と気持ちを切り替えることにしました。

 

来年はWeb関連で求人の多い隣の都市に引っ越す予定でいます。

 

今年の目標:Web制作に必要な知識を身につける

 

今年1年はWeb関連の仕事に就くためにオンラインスクールや独学でプログラミング言語を勉強し、アピールできるポートフォリオを作っておくことに専念しようと思っています。今まさに制作中ですが、完成したらこのブログの中でも紹介するつもりです。

 

今はHTML/CSSとPhotoshopを勉強しているのですが、これらに慣れたら新しい言語も勉強する予定です。今のところ基礎中の基礎はProgateで独学していますが、オンラインプログラミングスクールも近日中に始めます。

 

ちなみにProgateについての記事も書いているので興味がある方は読んで下さい。超初心者向けなのでこれからプログラミングを勉強したい人におすすめです。

【プログラミング初心者向け】解説がわかりやすいコード学習サイト『Progate』

これまで続けていたフリーライターの仕事はセーブしつつ、副業というかたちで続けて行こうと思っています。

 

フリーライターとしてはECサイトやSEO、WEB広告やデジタルマーケティングなどについて執筆していたので、過去の実績と絡めてWebサイトの制作ができたら良いなと。

 

いただいたお仕事の中でキーワードに沿ったブログコンテンツ制作をして、検索結果1位を何度も獲得したことがあるので(ちなみにこのブログの中の記事でも検索1位とったものもあります)自分ができる幅を広げていきたいです。

 

最終的な目標は、日本をまた出て海外で完全リモートで働くことです。そのためには自分ができることを複数持っておくことが今後生きる上で一番大事なことだと思ってます。

 

こういう結論に達したのは、日本企業はチャンスさえあれば未経験でも特別な学歴なしに潜り込めることができると思ったからです。

 

30代で新しい職種に挑戦するのはハードルが高いですが、かといって諦めるのはもったいないのでやるだけやってみます。

 

少なくとも私は「生活のためだけにしたくもない仕事を嫌々死ぬまで続ける」ことと「意味不明な日本の慣習」とは無縁のところで生活したいので、したくないことからは全力で逃げます。

 

私の最終目標は企業に雇われることではなく、自由に働くために今できることの幅を広げることです。

 

会社に就職するのも、フリーでイチからやるよりはニーズがあるところで実地で働く方が圧倒的に経験を積むことができるからです。最終的には独立します。

 

来春には引っ越してWeb関連企業に就職します

 

来年の目標ができたので、今年はこの目標のためにコツコツと頑張ろうかと思います。

 

今年はプログラミングの勉強に集中できる環境を作りたいので、今年一年は負荷の少ない仕事をメインでやりつつライターの仕事の比重を減らしてやっていくつもりです。

 

WebやIT関連は20代までが転職しやすいと言われていて、30代になるとかなり厳しくなると言われていますが、30代で転職できた暁にはコンテンツ化して同じ思いを持つ30代の人にアドバイスできるような記事をかけたら良いなと思ってます!

スポンサーリンク