フリーランスを続けるために、フリーランスを辞める

2017年12月31日

こんにちは、Cassini(@cassini0720)です。

 

ドイツでフリーランス活動をすること約1年くらいですが、フリーランスを辞めることにしました。そして、日本に帰国することにしました。

 

 

フリーランスが嫌になったわけではなく、「フリーランスを続けるために、いったんフリーランスを辞める」

 

いったいどういうことか、この決断に至るまでのプロセスを書いていきます。

 

フリーランスを続けるために辞めるってどういうこと?

 

私はライター・翻訳でお仕事をしていましたが、正直スキル不足を実感していました。

 

専門性のなさがネックになっていたのです。

 

私が書いていたテーマは英語学習や海外移住、またこちらはゼロから学習したことですがEC関連、WebマーケティングやAI、VRといったテクノロジー分野について執筆していました。

 

こちらは会員登録(無料)が必要な記事ですが、興味のある方はどうぞ。ドイツのヘルスケア会社についての記事です。

 

しかし記事を書くときに少々混み入ったことになると執筆が難しく、興味はあるもののそもそも理解が追いつかないということがありました。間違ったことを書くわけにもいかないので、調査をするために神経をすり減らすことも…。

 

また私が今後書いていきたいテクノロジー分野は、過去に関連する業界に身を置いていた人や、経験が長い人が書いた記事のほうが説得力がありました。圧倒的な力のなさを実感しました。

 

それに、ライターや翻訳家というのはライバルもたくさんいます。そういったライバルに差別化できることといえば、やはり専門性をつけてポジショニングをおこなうことだと思ったのです。

 

IT業界で働くことに興味が出てきた

 

ライターで過去にやったお仕事でWebマーケティングやコンテンツ制作や分析ツールについてのテーマについて書くことがあったんですね。

 

いろいろ調べていくうちに面白いなと思って、自分がそういうものづくりの制作に携われたらいいなと考えるようになりました。

 

IT業界は常に人手不足というのをよく見かけるし、今後コーディングやプログラミングスキルを身につけたいと常々思っていました。

 

独学でプログラミングスキルを身につけることもできるようですが、せっかくだったら業界に身を置いて流れを知る方がいいなと思いました。そう、会社員に戻るのです。未経験であることは色々ネックがあるのですんなりうまくいくことはないと思いますが。

 

会社員としてずっと働くつもりはなく、ある程度したらまた独立しようと思っています。

 

今後IT分野でも仕事がもらえるようにすることで、フリーランスとして活動するための幅が広がるという狙いもあります。

 

フリーランスとして長く働くために、IT分野の知識を身につける手段として会社員になります。

 

ドイツに住む必要がなくなった

 

私がドイツでフリーランスを続けるうえで必要なことが、「ドイツでクライアントを増やすこと」だったのですが、これが実現できませんでした。

 

私のフリーランスビザ更新の条件が「ドイツの個人や企業から発注をもらうこと」だったので、次回のフリーランスビザ更新がうまくいかないことは容易に想像できました。

 

「なぜドイツに住んでいるのか、住む理由はあるのか」と常に自問していました。私がドイツに住んでいる理由として、ドイツに興味があってドイツに住んでみたかったというのがありますが、ドイツに住まなければいけない必然的な理由はなかったのです。

 

ワーホリでドイツに来て、そのままフリーランスビザを苦労することなく取ったので、「次の更新までにドイツ人から仕事をもらえなかったらもうフリーランスを辞めよう」思っていました。

 

帰国するけど、海外移住を諦めたわけではない

 

海外移住をテーマにしたブログだったので、こんなことを書くと「海外移住に失敗した人」とあおってくる人もいると思うのですが(Twitterで海外コンプの人から絡まれたことがある。即ブロックしたけど)、私は海外移住については諦めていません。

 

私は日本で生活することが嫌になって海外に出たので、また海外移住にトライしようと思っています。再トライするときはビザの条件とか色々変わってるかもしれないのでドイツにするかはわかりません。

 

最近ドイツ、特にベルリンに移住したいと思う人が多くなってきた印象なので、みんながオイシイと思うところにあえて行きたくないというへそ曲がりなところもありますね…。(ベルリンはめちゃくちゃ好きな都市で機会があればまた住みたいとは思っています。)

 

私は海外に住んでいる日本人は全面的に信用していないので、次に移住先を決めるときは「日本人が少ないところ」を基準に選ぶかもしれません。

 

でも、若いうちに海外暮らしを経験することはいいことだと思えました。

 

日本で暮らしていてずっと苦しかったので、選択肢として海外にも住めるという自信がつきました。

 

色々私に意見してくる人もいますが、私は自分が幸せだと思えること・自分が楽しいと思えることを基準に人生歩んでいくつもりです。

 

誰にも迷惑かけてないし、何があっても全部自分のせいだし、これからも自分の興味が赴くままに自由な人生を送るつもりです。

 

フリーランスから会社員に戻る人はあんまり多くないですが(というか失敗と思ってるからみんな大きい声で言わないだけ?)、働き方は自由に選べるということを示していきたいなと思います。

 

またフリーランスに戻るため、スキルを身につける勉強頑張ります!

スポンサーリンク