飛び込み営業や電話営業だけではない、フリーランスの営業方法

Cassini(@cassini0720)です。

私はクラウドソーシングでお仕事を得ていますが、対面の営業をしたことがありません。

しかし、昨日ひょんなことで知り合った方が翻訳者を探されているということで、「(私に)依頼するよ!」と言ってくださいました。

雑談から始まった驚きのマッチング

 

私がフリーの翻訳者として活動していること、また仮想通貨についての知識があることから話が盛り上がり、ちょうどそのような方を探されていたとのことです。

海外向けECサイトを新しく立ち上げるとのことで、これがまさに私が新たに営業をかけようとしていた分野だったのです。

その方は福岡には仕事の関係で月に何回かいらしているそうなのですが、その月に数回のうちの1回に私がその場にいたのも奇跡ですし、まさかそんな話題で盛り上がるとは思いませんでした。

雑談から始まったことなので正直驚いています。笑

 

海外で営業をかけることも課題

日本からは順調にクライアントを獲得して行っていると思うのですが、私がしなければいけないことがドイツでのクライアント獲得です。

フリーランスビザをとったときに担当官から言われたのが「ドイツでのクライアントを見つけること」だったので、どうしようかな〜と思っていました。

参考:ドイツのフリーランスビザ取得の様子についての記事

ドイツでフリーランスビザを取得しました!手続きに必要なものと申請の様子について

 

先日、ドイツ在住のフリーランサー・wasabiさんが公開した海外での営業先の探し方の記事はすごく参考になりました。これから海外でフリーランス活動をしていきたい人は必読!

wasabiさんのブログは海外のフリーランス情報など参考になるものが数多くあるので、いつも参考にさせていただいてます。

 

私には英語・ドイツ語・アラビア語・フランス語が得意なパートナーがいるので、自分のブログをドイツ語(とか他の言語)に訳してもらうとかして発信していくのもいいな〜と思いました。

 

まとめ

営業というと、アポなしで行く訪問営業や電話での営業を思い浮かべると思いますが、『相手に見つけてもらう』というスタイルでも良いかもしれません。

フリーランスの仕事は口コミでも広がったりするので、相性のいいクライアントさんから紹介してもらうというのもありでしょう。

そのためには自分を発信するメディアを整備しておいたほうがいいなということで、ちょっとブログも改良しようかなと思っています!

スポンサーリンク