ドイツでスマホを買える場所とプリペイドSIM購入・チャージ方法

こんにちは。Cassini(@cassini0720)です。

 

ドイツへ留学やワーホリ、就労目的で来る予定の人は、渡航前にどのようにスマホを利用するかを考えるでしょう。

 

もちろん日本で利用しているスマホを持って行って使うこともできます。日本の携帯会社と契約したままで海外利用プランを使うこともできますが、長期間の滞在となるとかなり高くなってしまうのでほとんどの方が休止か解約手続きをするでしょう。

 

SIMフリースマホを持っているのであればドイツで新たにSIMを購入するのが一番簡単な方法だと思います。SIMカードを買いたくない人はWi-Fi環境だけで使うこともできますが、そうなると電話は使えません。

 

ただ機種によってドイツで購入したSIMカードが使えるか私もよくわからないので、実際に使うスマホをお店に持って行って使えるか聞いた方がいいと思いますね。

 

私は日本にいるときiPhone5を使っていて、渡航してしばらくはWi-Fi環境のあるところで使うつもりだったのですが、渡航してすぐ使い物にならなくなりました。

 

経緯はこうです。

 

SIMロックありのiPhoneを渡航前に解約した人は注意!海外でのiOSアップデートの問題点

 

私は日本にいるときはずっとauのプランを契約していたのですが、渡航前に契約を解除しました。

 

ドイツに無事到着後、通知が出ていたのでiPhoneのシステムアップデートをするために操作したところ、iPhoneがアクティベーション不能の状態になりそれから前に進めなくなってしまいました。どうやらau解約の影響でiPhoneがSIMを認識しなくなったようです。

 

契約解除するときに念押しして「海外でもWi-Fiあるところで使えますよね?」って訊いて係員の人に「使えますよ」って回答もらったのに。。思わぬところに罠があった。。

 

PCで調べてみるとこれはiPhone特有の問題のようで、アクティベーションロックを解除するには専用のSIMカードを購入する必要がありました。ネット通販で調べてみても、当時は海外発送に対応していない商品しかありませんでした。一旦実家に商品を発送し、実家からドイツに送ってもらいました(これを親に説明するのが一番大変だった…)。

 

↓auのアクティベーションロック解決方法についてはこちらのページに詳しく書かれています。

 

 

いまでこそ日本ではSIMフリースマホが市場にあふれていますが、私がドイツに行く前はまだ販売され始めたくらいで価格が高かったのです。しばらくしてからドイツでスマホを買おうと思っていましたが、iPhoneを使えるまで時間がかかりそうだったので、渡航してすぐくらいに新しくスマホを購入することにしました。

 

ドイツでスマホを購入する方法&SIMカード購入方法

 

私が行ったのはドイツの大型家電販売店「Media Markt Saturn(メディア・マルクト・ザターン)」。

 

ドイツ国内に多くの店舗があり、品揃えも多いのでまずはここに行くと良いでしょう。どの都市にも主要駅近くや大型ショッピング施設に必ずあります。

 

ドイツでスマホやSIMカードを購入を考えているのであれば、ドイツ在住の高田ゲンキさんのブログに詳細が書かれていますのでぜひ参考にしてみてください。私もスマホ購入の際にこちらのブログを参考にさせていただきました。↓

 

私が購入したのはHuawei P8Lite 8GB。

 

写真はSDカードに保存するから8GBくらいでいいかと思ったのですが、デフォルトでいらないシステムアプリがこれでもかと入れられていて削除できないので、実質使える容量は半分くらいです。アプリをちょっと追加しようものなら容量いっぱいですと言われる…。今でも使っていますが、まぁ不満は多いけど使えてるので可。デュアルSIMなのは良いところですが。

 

そしてSIMカードはO2のプリペイドにしました。種類が多くて迷うのですが、正直どこがいいのかよくわからなかったのでどこにでもありそうなやつにしました。

 

プリペイドのものを使いたいときはSIMカード(スターターキット)に加え、チャージ用のカードを購入する必要があります。

 

これを店員のところへ持っていきます。

 

店員がその場でSIMカードの登録をおこなってくれるので、確認のためパスポートを見せ、書類に記入をしました。書類への記入と言っても基本的なこと(名前や住所、パスポート番号など)を書くだけなのでそれほどむずかしくありません。わからなかったら店員に聞きましょう。

 

SIMカードをスマホに挿入してセットアップする

 

スマホにSIMカードを入れてセットアップしますが、このへんは特に難しくなかった記憶があるので飛ばします。

 

最初にSIMカードのPINコードを登録した覚えがあるのですが、手順を忘れたので付属の説明書を参考にしてください。

 

SIMカードへのチャージ方法

 

無事手続きが終わったら今度はSIMカードに購入したプリペイド金額をチャージします。

 

プリペイド形式であればスーパーやドラッグストア、Spätkaufやキオスクといったところで売られています。O2は確か10か15ユーロから売ってあります。

 

会計のときにレシートを渡されますが、ここにチャージ用のPIN番号が乗っていますので捨てないようにしましょう。

 

O2の場合、チャージの際は通話画面で「*103*チャージ用のPIN番号12桁#」を打ち込むと、しばらくして「チャージされました」というメッセージが届きます。電話はどこかにつながるわけではなく、勝手に切れますのでご安心を。

 

チャージ金額が少なくなると通知が届くので、都度チャージしたい金額のカードを買ってチャージをすればOKです。

 

簡単ですよね。ドイツの(というか欧州?)シンプルなプリペイド式スマホに慣れると、日本のややこしい契約プランや契約期間の縛りが煩わしくなるくらいです。

 

もしある携帯会社のSIMを使ってみて微妙だとしても、使わなくなったのであればチャージしなければいいだけなので他のSIMへ乗り換えるのがとても簡単です。煩わしい契約期間やややこしい利用プランもない(事務手数料とか解約金もなかったはず)ので日本もこの方式にならないかなと思っています。

 

以上、ドイツでのスマホ購入とSIMについてでした。

スポンサーリンク